この視力が自分にとって当たり前

今回の検診は一週間健診とは比べ物となることはないほど問診の用紙も項目が多かったデス。レーシックを受け一週間後に検診があったのですけど、そのときには驚異の視力回復に本当にと疑う気持ちがイッパイで、とっても嬉しかったのです。それぐらい視力が回復をしてしまったのですが、当時0.02の視力が一週間検診では1.0でしたのです。一週間後は実際にどれくらい視力が変化したかを測定するように来院させられるみたいなんですが、3カ月検診は自分みたいに忘れてしまう方も多くなったのではし、もう充分に視力が良かったので検診の必要がないと勝手な判断で3ヵ月検診を受けない方もいるみたいです。慌ててクリニックに行きますと実際には3か月検診を受ける方がとってもチョットだという事にびっくりのです。はるかに目を見張るみたいな視力です。そうして3か月経つとある程度慣れてきて、この視力がわたしにとりまして当然になりましてきたのです。そしてレーシックを受けたクリニックから言い伝えられてた3ヶ月検診などすっかり忘れてたのです。一週間検診で大部分の場合視力回復がさせられるはずなんですが、やはり角膜がそこから回復をするのと並行してさらに良くなるケースもあるみたいです。これほど視界が良好になるなんちゃって人生初体験です。今回3カ月検診に行き一番うれしかったこと、そこは一週間検診の時より更に視力が改善してましたことなのです。忘れかけていたんですが、なんとか無事にクリニックに行き他に異常がないでしょうかもきちっと検査して頂きます。そしてありがたいことに他の異常など見受けられず無事検査が終了をしたのです。なんと1.2になりましたのです。全体的な満足度や悩んだりしてる点、ドライアイの症状の有無やハロやクレアといいました症状の有無など記載します。検査では目の度数はもちろんですが、角膜の形状や目の歪みやハロやクレアそして見え方のチェックなど検査項目自体も一週間検診の時よりも明らかに増加していまやったことも驚きです。