もっともポピュラーな手法

近視レーザー手術で、とてもポピュラーな手法がレーシックです。眼に点眼麻酔をした後、マイクロケラトーム という医療器具を使い、レーシックの手術方法は角膜の表面にフラップというフタを制作します。エキシマレーザーをフラップをめくったところに照射し、屈折の矯正をします。 眼をそこから、洗浄・消毒し、元の位置にフラップを戻します。自然にフラップは密着します。角膜表面を削る医療器具で、角膜に直接器具を当 て、マイクロケラトームは、カンナみたいに角膜表面を削ります。手術時間がレーシックは、10〜20分と短時間で終わり、入院は不要、手術が日帰りでできる。点眼麻酔を手術中はしますし、フラップがあるので、 むき出しにレーザーを照射した部分がなることがなく、痛みは手術後もまったくないです。さらに、手術直後から視力の回復も、早い人では回復し、視界 が数日で安定します。ほとんど術後の感染症や合併症の危険がなく、安全な手術と言い伝えられますが、全ての人が受けられるわけではありません。なにか異常が強度の近視やドライアイの人、 事前検査でありました場合などはレーシックを受けることはできない。また、将来的に比較的新たな技術だから、どういうになるかははっきりとはわ かりません。また、生活する上でのレーシックの手術後は、あらゆる制限があったり、合併症がとりあえずではあるが、出る場合もあるのです。きちんと対処するそしたらほとんどの合併 症は治ります。レーシックに継ぐ最先端の視力回復手術がイントラレーシックです。ほとんどはイントラレーシックの手術方法は、レーシックと同じですけど、フラップの作成 方法が異なるのでしょう。レーシックではフラップを作成するとき、マイクロケラトームを使用してたが、その代わりにイントラレー スという高精度の医療レーザーをイントラレーシックの場合は、使います。