薄いフラップを角膜上皮に作成

レーシックが不適切と診断されました人にもエピレーシックとは、応じている手術です。まったくエピレーシックの手術方法は、レーシックと同じ です。エピケラトームという専用の医療器具をフラップ作成時に、使用します。切るというよりは、エピケラトームは、角膜上皮とボーマン膜との間で上皮を剥が し、角膜上皮の細胞を再生・回復しやすい多く残し、角膜上皮のみの薄いフラップを作ることができます。その結果、レーシックより眼球強度があって、激しい運動を格闘家や ボクサーなどする人に向いてるといえます。さらに、角膜の厚みをフラップを薄く作成出来るため、十分に残すことはでき、レーシックが角膜が薄い人や強度 の近視で不適切と診断された人にも手術ができる。レーシックよりもエピレーシックでは、さらに薄いフラップを角膜上皮に作成します。新陳代謝により角膜上皮細胞は新しく生まれ変わり、フラップ自体が最終的には、 消失します。フラップがなくなったので、強い衝撃を受けましても、フラップがずれてしまうという心配がないです。また、アルコールを手術に使用しな いので、アルコールを使うことによりまして起こる精密性の低下などのリスクの心配がありません。レーシックと比べると視力の回復時間は遅く、術後4〜1週間ほど個人差はあるのです が、かかります。また、フラップが薄いため、手術後は保護するように、保護用のコンタクトレンズを数日間使用する必要があげられます。レーシックよりは、それ に伴い、長い期間の制限が出てきます。ひとりひとり異なる高次収差を専用の機器でウェーブフロントレーシックは解析し、屈折矯正をエキシマレーザーを照射してオーダーメイド的なレーシック 手術です。光の波長や光線がレンズを通過する角度や位置で収差とは、光の束の焦点が微妙にずれる現象のことを言い、人間の眼には、その人特有の歪みなどが あげられます。眼球の凹凸情報や不正乱視の細かな解析情報をデータ化するだけで、ウェーブフロントレーシックは、見え方の質の向上が期待できます。